調 査 ・ 試 験


屋外の文化財は同じ材質でも置かれている環境により様々な破損を示します。修理方法の決定には現況調査と破損要因特定の調査は欠かせません。

アクト・ビズでは、目視や触診による調査や機器を使用した詳細調査を行います。

また、修理方法や使用材料を決定するため室内試験や現地試験を行います。現地試験では一定期間の経過観察により修理方法や材料が現地環境に適し

ているかを判定し、修理実施時のリスクを軽減します。


調     査

tyousa tyousa

破損範囲や破損状況を記録するとともに、劣化要因特定調査として温湿度測定調査、塩分濃度測定調査、表面水分調査などを行います。

強化処理や補強などの修理方法や保存環境の整備について検討します。



試     験

siken siken

修理では破損状態や環境に応じた材料選定や工法選定が必要です。強化剤の樹脂濃度、補修材などの材料選定試験や強化処理、亀裂充填、接合補強な

どの工法選定試験を行います。

また、現地試験で経過観察を行い、修理仕様を決定します。