保 存 修 理


建造物、石造、遺構のように屋外に保存されている文化財の多くは、湿潤な環境のため風化の進行が非常に早く、定期的な修理が必要となります。

修理では劣化部分を薬剤で補う、構造上の欠点を補強する、といった修理を行いますが、必要以上の修理で文化財の持つ価値を損なうことのない

よう注意が必要です。

アクト・ビズでは長年の経験や高度な技術を持つ技術者が修理を行います。


石     造

hozon hozon

一見、丈夫そうに見える屋外の石造文化財も、塩類風化や凍害で表層剥離や材質劣化等が進行している場合が多く見られます。破損の進行を軽減させ

るため、強化処理、破断部の接合や欠損補強などの修理を行います。

石造物の修理事例はこちら


遺     構

hozon hozon

発掘直後の遺構は湿潤な状態のため表面に亀裂は見られませんが、長期間外気に晒された状態が続くと、乾燥収縮による亀裂や塩類風化などで、形状を

維持できなくなります。

このような状態を防ぐため、基質強化(塗布含浸、点滴注入)や亀裂充填などを行い、土壌の変位を抑制します。また、展示公開を前提とした保存には

薬剤処理などの補強に加え、環境整備による土壌水分の制御が必要となります。



近 代 化 遺 産

hozon hozon

近代化遺産の場合、構造上問題が生じるほど破損材は安全性の面から取替えが基本です。このため、強化処理などは軽微な劣化に対して行われることが

多くなります。また、浸透性吸水防止処理などを材質劣化が軽微なうちに処理することで、今後の発生するであろう破損を予防します。



そ  の  他

hozon hozon

近代建築における室内の石膏や漆喰製天井飾り、外部のモルタルやテラコッタ製装飾、また、社寺建築における大棟の端部に設置される瓦などは建物

の特徴を示す重要な装飾部材です。

このような装飾部材は極端な破損を除き生かし取りのうえ再設置しますが、設置位置が高所が多く安全対策が求められます。このため、強化処理など

の修理に加え裏面補強を行い、落下を避ける対策を行います。