トップ > 業務実績 > 坂東寺の石造五重塔保存修理業務



名  称坂東寺の石造五重塔保存修理業務
所 在 地福岡県筑後市大字熊野 坂東寺境内
指定区分県指定文化財



坂東寺の石造五重塔は、坂東寺境内に建っています。
鎌倉時代貞永元年(1232年)に造られたこの五重塔は、在銘五重塔としてはこの地方で最古と言われており、ほぼ正方形の笠石を五段に重ね、塔身に梵字が刻まれています。

材質劣化が著しく、塔の傾きが見られたため、解体修理(洗浄、強化処理、補強等)が行われました。
当社はこの修理で、修理が完了した石塔の組立て及び不陸調整を行いました。



bandoji

bandoji