トップ > 資料 > 柱脚基部(花崗岩)の補修



柱脚基部(花崗岩)の擬石補修

概  要

名  称国指定文化財 大阪府立中之島図書館 本館玄関廻り擬石補修
所 在 地大阪府大阪市

業務概要

 

本館(花崗岩張石)の玄関廻り石は表層が剥落しており、剥落拡大を防ぐため、擬石補修を行いました。

独立柱 2本 階段脇壁 2箇所 見切り石 1箇所



破損状態

表層が厚さ5mm程度剥落し塩類が析出していました。剥落面の表層は材質劣化していませんでした。

nakanoshima

表層の剥落



亀裂充填

幅0.5mm程度の亀裂が入っており雨水浸入の可能性が高いため、アクリル樹脂で充填しました。

nakanoshima

亀裂充填



下塗り

欠損が深い角部分はプレミックスセメントモルタルで下塗りし、仕上げの5mm下がりの高さになるように調整しました。

nakanoshima

下塗り



骨材配合

色調を合わせるため、数種類の石粉を配合した色見本を作成し、擬石材の色を決定しました。

nakanoshima

骨材配合

nakanoshima

色見本



擬石補修

擬石材を塗付け、表面のテクスチャーを石に合わせ調整しました。

nakanoshima

擬石補修



補修前後比較

nakanoshima

補修前

nakanoshima

補修後